頭皮の状態から分かる薄毛の兆候|ハゲないための日々のケア

抜け毛が増えても髪が薄くなっていなければ問題はありませんよね?

季節的に髪が抜けやすかったり、ホルモンバランスが崩れるなど一時的な抜け毛は髪が薄くなるほどの量ではなく、すぐに新しい髪が生えてくることで元の毛量に戻るのです。

しかし、抜け毛だけがどんどん進行して新しい髪が生えてこないとなると、そのまま薄毛になるのは当然でハゲてしまうかもしれません!ハゲないためには自分の頭皮の状況をきちんと知ることが大切で、それによって薄毛の兆候が分かるのです。

頭皮環境が改善すると抜け毛が減り健康できれいな髪が生えてくると言われているので、やみくもにケアをするのではなく、自分にとって何が必要なのかを知ることがまずは大切かもしれませんね・・

 

薄毛が進行するのは頭皮環境が悪化しているためでいくつかの特徴があります。

・毎日髪を洗っているのに頭皮がべた付く

これは過剰な皮脂分泌が原因で毛穴を詰まらせていることが考えられ、皮脂が気になるからと洗浄力が強いシャンプーで洗うことで、逆に頭皮は皮脂が足りないと判断し必要以上の皮脂を分泌させるのです。頭皮の皮脂は過剰に分泌されると毛穴を詰まらせ害になりますが、適度な皮脂は頭皮を守るバリアになるので、取り過ぎても良くありません。

・頭皮の色が赤や茶色がかっている

本来日本人の頭皮の色は青白く、これは毛根武運が透けて見えるためで、実際は白っぽい色なのです。健康な頭皮はこのような色なのですが、血行が悪いと思う人が多いようです・・具合が悪く血の気が引いた人の肌のように青白いので、そのような思うのかもしれません。実は血行が良く健康な頭皮だと勘違いしやすい赤や茶色は頭皮環境が悪化している証拠で、痛くもかゆくもない場合が多いのですが実は頭皮が炎症を起こしている証拠です!原因はシャンプーやケア方法が合わない場合や紫外線などです。

 

このように自分の頭皮の状態を観察するだけで、今自分がするべきケア方法が分かると言われています。花蘭咲など、どんなに効果が高い育毛剤やサプリメントを使ったとしても、自分の頭皮の状態に合っていない場合は全く意味がありません!誰かが使って「良かったよ~」と言われるだけで自分にも効果があると思いがちですが、実際はそうではないんですよね・・

これから本気で薄毛と向き合いたい人は一度鏡の前で自分の頭皮を観察してみてください・・なぜ最近抜け毛が増えてきたのか、その原因が分かるかもしれません。